シミ・ソバカス治療の名医ランキング【新宿編】

新宿エリアで見つけたシミ・ソバカス治療の名医

第一位

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック)

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック) 日本皮膚科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、医学博士。
カナダ、米国NIHでメラニン研究を行ったシミ治療の専門家。多数の海外講演や英語論文がある本格派ドクター。

詳細はこちら

第二位

城野親徳先生(シロノクリニック)

城野親徳先生(シロノクリニック) 日本レーザー医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
国内屈指のレーザー症例数を誇り、テレビ・雑誌のコメンテーターとしても活躍中。

詳細はこちら

第三位

小﨑有恒先生(オザキクリニック)

小﨑有恒先生(オザキクリニック) 日本美容外科学会、日本外科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
開発に携わったドクターズコスメは、口コミサイトで1位を獲得するほど人気がある。

詳細はこちら

HOME » 画像でわかる!シミの種類と治療法

画像でわかる!シミの種類と治療法

様々な種類のシミ、その原因や治療法について画像を交えて分かりやすく解説します。

あなたのシミの種類と原因を知りましょう

一般的なシミである老人性色素斑、雀卵斑(ソバカス)、太田母斑、脂漏性角化症、肝斑(かんぱん)など、シミにはいくつもの種類があります。
原因は遺伝的なもの、紫外線、皮膚の老化現象など様々。
それぞれ治療が異なるので、自分のシミの症状をしっかり把握することが重要です。

たとえば、老人性色素斑と間違えやすい肝斑をレーザーで治療すると濃くなってしまうことも…。
ちなみに、肝斑には外用薬や内服薬が最適です。

また、美白剤やフォトフェイシャルでも消えなかった頑固なシミが、軽症の太田母斑だったというケースも。
太田母斑はレーザーでしか治療できないので、診断を誤ると無駄なお金と時間を使ってしまうことになります。

信頼できる専門医にしっかり診てもらうことが一番ですが、
自分で写真画像を見て症状を把握しておくことも誤診防止になります。
ここでそれぞれの症状や画像をしっかりチェックしておきましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑とは紫外線によってお肌が老化してできるシミの種類です。老化といっても30代でできることもあり、一気に見た目年齢を上げる原因にもなります。 老人性色素斑の治療に効果的なのはレーザー治療です。この治療法のメリットは、シミの原因となる細胞に作用するため、再発する可能性が少ないということです。 細胞を破壊するほどのかなり強力なレーザーを当てることになりますが、その威力は絶大だといわれています。

雀卵斑(ソバカス

雀卵斑(ソバカス)は遺伝や紫外線からの刺激によって発生する種類のシミです。老人性色素斑と呼ばれる一般的なシミとの違いは、広い年齢層に表れるということです。 雀卵斑(ソバカス)の治療法として、有効だといわれているのがレーザー治療ですが、場合によっては外用薬を使用して改善を目指すこともあります。 レーザー治療ではアレキサンドライトレーザーかQスイッチレーザーを使用します。どちらを使用するかは雀卵斑(ソバカス)の状態によって決まります。

太田母斑

太田母斑は目の周辺にできることが多いアザで、シミとは種類が異なります。生後すぐにできてその後広がる場合もありますが、中年以降に発生することもあります。その原因は色素細胞の異常増殖です。 太田母斑の治療はレーザー照射が最適です。高出力のQスイッチレーザーを使用して、異常な色素細胞のみに照射します。この場合保険適用となるため、他の種類のシミよりも低い料金で治療を受けられるでしょう。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は皮膚の老化現象で、シミではなく老人性のイボです。色や大きさはさまざまですが、早い方では30代から表れることもあります。 脂漏性角化症の治療は炭酸ガスレーザーや液体窒素による凍結、手術などの方法があります。そのイボができた場所などによって、どの方法で取るか決まります。 ただしこの方法で取ることができるのは、良性のイボだった場合です。そのため、イボの治療に入る前に、良性か悪性かの検査をします。

肝斑(かんぱん

肝斑(かんぱん)は頬にできることが多いシミで、左右対称に発症することが特徴です。一般的なシミとの違いは、年齢を重ねることで薄くなるというところ。ホルモン分泌や紫外線が原因だといわれています。 肝斑(かんぱん)の治療法としては、外用薬と内服薬で改善を目指すことになります。他の種類のシミとは違い、レーザー治療では消すことができません。外用薬を塗れば数日で効果を実感できるので、早めの皮膚科受診をおすすめします。

 

新宿周辺のシミ・ソバカス治療クリニック

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

画像でわかる!シミの種類と治療法

どんなシミでも治す名医の見分け方

シミ・ソバカス治療の流れとは