シミ・ソバカス治療の名医ランキング【新宿編】

新宿エリアで見つけたシミ・ソバカス治療の名医

第一位

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック)

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック) 日本皮膚科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、医学博士。
カナダ、米国NIHでメラニン研究を行ったシミ治療の専門家。多数の海外講演や英語論文がある本格派ドクター。

詳細はこちら

第二位

城野親徳先生(シロノクリニック)

城野親徳先生(シロノクリニック) 日本レーザー医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
国内屈指のレーザー症例数を誇り、テレビ・雑誌のコメンテーターとしても活躍中。

詳細はこちら

第三位

小﨑有恒先生(オザキクリニック)

小﨑有恒先生(オザキクリニック) 日本美容外科学会、日本外科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
開発に携わったドクターズコスメは、口コミサイトで1位を獲得するほど人気がある。

詳細はこちら

HOME » 画像でわかる!シミの種類と治療法 » 雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)に悩む方へ、レーザーなど最新の治療法について紹介します。

雀卵斑(ソバカス)を治療するために知っておきたいこと

雀卵斑(ソバカス)雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)は色白の方に多く、両側の頬や鼻に小さな斑点がたくさんできます。
原因は遺伝的な要素もありますが、紫外線にも影響されます。
紫外線によって肌のターンオーバーが乱れると、ソバカスを生み出すメラニン色素が沈着しやすくなります。
そのため、紫外線を浴びすぎると増えたり、色が濃くなったりすることがあります。
ソバカスがある方は紫外線対策も欠かせません。

ソバカスは子供のころにでき始め、思春期に最も濃くなってだんだん薄くなっていきます。
そのため、患者さんの年齢が幅広いのも特徴です。
中にはソバカスだけでなく太田母斑がまじっていることもあるため、専門医にしっかり診察してもらいましょう。

メラニン色素を破壊するレーザーが有効

ソバカスの治療にはメラニン色素によく反応するアレキサンドライトレーザーなどのレーザーが有効です。
アレキサンドライトレーザーには2種類あります。
顔全体に広がるものには、短い時間で顔全体しっかり照射できるロングパルスレーザーを使用します。
ロングパルスレーザーは照射後の赤みが少なく、肌への負担が少ないのが特徴です。

ソバカスの範囲が少ない方、完全に除去したい方には、Qスイッチレーザーを使用します。
シミ1つ1つにレーザーを照射して、確実にソバカスを取り除きます。
ただし、ダウンタイムは数日間とロングパルスレーザーより長めです。

その他、肌の状態によって、ビタミンC誘導体、レチノイン酸、ハイドロキノンなどの外用薬を使用することもあります。

 

新宿周辺のシミ・ソバカス治療クリニック

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

画像でわかる!シミの種類と治療法

どんなシミでも治す名医の見分け方