シミ・ソバカス治療の名医ランキング【新宿編】

新宿エリアで見つけたシミ・ソバカス治療の名医

第一位

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック)

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック) 日本皮膚科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、医学博士。
カナダ、米国NIHでメラニン研究を行ったシミ治療の専門家。多数の海外講演や英語論文がある本格派ドクター。

詳細はこちら

第二位

城野親徳先生(シロノクリニック)

城野親徳先生(シロノクリニック) 日本レーザー医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
国内屈指のレーザー症例数を誇り、テレビ・雑誌のコメンテーターとしても活躍中。

詳細はこちら

第三位

小﨑有恒先生(オザキクリニック)

小﨑有恒先生(オザキクリニック) 日本美容外科学会、日本外科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
開発に携わったドクターズコスメは、口コミサイトで1位を獲得するほど人気がある。

詳細はこちら

HOME » 画像でわかる!シミの種類と治療法 » 太田母斑

太田母斑

ここでは、太田母斑・遅発性太田母斑の原因や治療方法について解説します。

皮膚の深いところにあるシミ「太田母斑」「遅発性太田母斑」を治療するために

太田母斑

メラニン色素を生成する色素細胞が異常増殖することによって太田母斑はできます。

皮膚の深いところにある灰青色や褐色のシミで、蒙古斑のようなあざの一種です。
ただし蒙古斑と違って生まれてすぐにはありません。
生後1年以内から現れる場合と思春期頃にシミが拡大してくる場合があります。

通常、顔面の片側に出現します。最も多いのは目の周囲です。
そのほか額、頬、鼻などにもできます。中には両側性のものもあります。
両側性の遅発性太田母斑は中年以降に両側に出てくるのが特徴です。

軽症の場合は診断が難しく、シミやそばかす、クマなどと間違われることも少なくありません。
美白剤やフォトフェイシャルで効果が得られない場合は、軽症の太田母斑だったというケースも。
皮膚専門医にしっかり診てもらいましょう。

健康保険が適用されているレーザー照射

太田母斑はレーザー照射でかなり改善されます。
ただし、よくあるシミより深い部分に色素細胞があるため、通常のレーザー派では届きません。
1千万分の1~1億分の1秒という非常に短い時間で高出力で照射できるQスイッチレーザーを使用します。
表皮細胞や正常な色素細胞、真皮を傷つけずに、異常な色素細胞のみ治療できます。
太田母斑へのレーザー療法は健康保険が適用されているので、気になる方は積極的に受診しましょう。

レーザー治療後は、メラニンが破壊されるため数日間色が濃くなりますが、その後だんだん白くなります。
1回で完全に消えることは少なく、3~4か月ごとに3回以上の治療が必要です。

 

新宿周辺のシミ・ソバカス治療クリニック

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

画像でわかる!シミの種類と治療法

どんなシミでも治す名医の見分け方