シミ・ソバカス治療の名医ランキング【新宿編】

新宿エリアで見つけたシミ・ソバカス治療の名医

第一位

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック)

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック) 日本皮膚科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、医学博士。
カナダ、米国NIHでメラニン研究を行ったシミ治療の専門家。多数の海外講演や英語論文がある本格派ドクター。

詳細はこちら

第二位

城野親徳先生(シロノクリニック)

城野親徳先生(シロノクリニック) 日本レーザー医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
国内屈指のレーザー症例数を誇り、テレビ・雑誌のコメンテーターとしても活躍中。

詳細はこちら

第三位

小﨑有恒先生(オザキクリニック)

小﨑有恒先生(オザキクリニック) 日本美容外科学会、日本外科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
開発に携わったドクターズコスメは、口コミサイトで1位を獲得するほど人気がある。

詳細はこちら

HOME » 画像でわかる!シミの種類と治療法 » 脂漏性角化症

脂漏性角化症

脂漏性角化症(老人性イボ)の画像や治療方法など詳しく紹介します。

中年以降に現れるイボ「脂漏性角化症」の症例画像をチェック

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、紫外線や遺伝的な要因によって肌の細胞が変質して現れます。
30~40代以降に表れる、皮膚の老化現象の一つです。大きさは数mmから3cmくらい。
色は肌色から褐色、黒と様々です。

シミと違うのは少し隆起している点です。通常のほくろと違って、表面はざらざらして、黒い点あることも多いです。
脂漏性角化症は良性の腫瘍ですが、顔にできることもあるので治療を希望する方も少なくありません。

炭酸レーザーがおすすめ

イボの治療の場合、まずは良性か悪性か確認することが必要です。
患部を見た目や特殊な拡大鏡(ダーモスコピー)で検査します。
悪性の可能性が疑われる場合は、組織を一部採取するなどして再度検査します。

良性だった場合、手術、凍結、レーザーなどの治療法が行われます。症状や発症した場所に応じて治療方法を選択します。
最もメジャーなのは凍結療法。液体窒素でイボの部分を凍らせて細胞を破壊して治療します。
一度では取りきれないので、1~2週間おきに複数回治療します。
手術のように麻酔が必要なく、簡便で保険適応なので皮膚科でも手軽に受けられます。

ただし、凍結療法は低温火傷のような状態にするため、少し痛みが伴います。
治療後に強い炎症が起るので、痕が残ることもあります。
きれいに治療したい方には、炭酸ガスレーザーがおすすめです。
炭酸ガスレーザーで脂漏性角化症を一気に蒸散させて、皮膚から浅く削り取ります。
傷はとても浅いので痕が残りません。特に顔にできた老人性イボにおすすめの治療法です。

 

新宿周辺のシミ・ソバカス治療クリニック

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

画像でわかる!シミの種類と治療法

どんなシミでも治す名医の見分け方