シミ・ソバカス治療の名医ランキング【新宿編】

新宿エリアで見つけたシミ・ソバカス治療の名医

第一位

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック)

豊福一朋先生(山手皮フ科クリニック) 日本皮膚科学会認定専門医、日本抗加齢医学会専門医、医学博士。
カナダ、米国NIHでメラニン研究を行ったシミ治療の専門家。多数の海外講演や英語論文がある本格派ドクター。

詳細はこちら

第二位

城野親徳先生(シロノクリニック)

城野親徳先生(シロノクリニック) 日本レーザー医学会、日本皮膚科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
国内屈指のレーザー症例数を誇り、テレビ・雑誌のコメンテーターとしても活躍中。

詳細はこちら

第三位

小﨑有恒先生(オザキクリニック)

小﨑有恒先生(オザキクリニック) 日本美容外科学会、日本外科学会、日本美容皮膚科学会などに所属。
開発に携わったドクターズコスメは、口コミサイトで1位を獲得するほど人気がある。

詳細はこちら

HOME » あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

あなたのシミを治療するには、どんな方法が良いのか、わかりやすくまとめてみました。

簡易チャートでわかるオススメのシミ治療方法はコレ

YES/NO

皮膚科で行われるシミの治療方法は様々で、自分のシミに合うのはどれか、判断が難しいと思います。
ここでは、簡易的なチャートを用いて、あなたのシミに合う治療方法を紹介します。
治療費の参考なども記載していますので、ぜひチェックしてみてください。

ただし、詳しいシミの診断と治療方法の決定は、専門の医師に相談することは忘れないでくださいね。

シミ診断チャート

シミの簡易チェック結果はこちら

Aだった方 左右対称にシミができていて、日によってその濃淡がかわる方は、肝斑(かんぱん)の可能性が高いです。肝斑にレーザーを当ててしまうと、悪化する恐れもあります。
ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬で治療するのが一般的です。
ハイドロキノン・トレチノインを詳しく見る≫≫
Bだった方 多くは顔の片側、特に目の周囲に多い、シミの集合体のようなものが太田母斑です。よくあるシミより深い部分にあるため、通常のレーザーは届きません。高出力の照射ができるQスイッチレーザーが効果的。
病院によっては太田母斑へのレーザー治療は健康保険が適用されます。
Qスイッチレーザーを詳しく見る≫≫
Cだった方 表面が盛り上がっているシミは、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)といいます。
表面の盛り上がりがあるものは、炭酸ガスレーザーとQスイッチレーザーを組み合わせ治療します。
炭酸ガスレーザーを詳しく見る≫≫
フラクセルCO2レーザーを詳しく見る≫≫
Qスイッチレーザーを詳しく見る≫≫
Dだった方 いわゆる一般的なシミ・老人性色素斑、そばかすには、レーザー治療が効果的。
照射をすると患部がカサブタになるため、ダウンタイムが長いですが、完全にシミを消すことができます。
Qスイッチレーザーを詳しく見る≫≫
YAGレーザーを詳しく見る≫≫
E 老人性色素斑やそばかすの中で、仕事の関係で長いダウンタイムが取れない方などは、いわゆる光治療がオススメです。
シミを完全に消し去ることはできませんが、治療のリスクが低いというメリットもあり、レーザー治療と使い分けられます。
フォトブライトを詳しく見る≫≫
フォトフェイシャルを詳しく見る≫≫
 

 

 

新宿周辺のシミ・ソバカス治療クリニック

あなたにピッタリのシミ治療法はどれ?

画像でわかる!シミの種類と治療法

どんなシミでも治す名医の見分け方